« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年4月に作成された記事

2008/04/27

GW Start!!!

と思いきや、明日は出勤です。。火曜からスタート。
先週末の噂では、隣のグループはみんなお休みらしいですが。。。

うちのグループも、
当初は、みんな年休とってぶっ通しで休みの予定だったのですが、
片付けないとならない問題が発生しまして、
月曜どころか、火、水あたりも休めるかあやしい事態に。

ですが、ここ2週間くらい平日遅くまで粘ったのと、
土曜出動のおかげでなんとか目処がたってきました。
久々に、脳も体力も限界近くまで稼働。

ということで、休みは確保!&明日もあんまりやることなし!
・・・なはずなんだけどなあ。。どうだろ。

でももう明日の18:00待ち合わせで、木曜までお出かけ計画を立ててしまったので、
有無を言わさず明日は定時上がりです。
明日ぐらいいいよね・・・?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/04/24

patent

今月の給与明細をみると、特許に対する報奨金というのが入ってた。
去年書いたやつにたいするものみたい。
そんなに大金ではないけど、はじめてなのでなんかうれしい。

うちでは、特許を出願しようとすると
社内でランク付けされて、
ランクや、その他いろいろと戦略なんかを考えて出願する国を決めたりする。
報奨金もランクが上なほど高いけど、
そういうのは、複数人の発明として出願することが多いので、
一人あたりのもらえる金額はあんまりかわらないか減る、
というのがよくあるパターンみたい。

今回のは、ランク低めだけど一人の発明として出した。
この場合、これくらいの金額なのか。ほほう。

結構めんどうなので、書きたがる人は少ないんですが、
ちょこちょこアイデアを貯めていって、
それまとめて、お金ももらえるんなら、
ありだなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/04/22

"5" on light blue palms

これ→http://koooosuke.cocolog-nifty.com/blog/2008/04/iphoto_imovie.html
ですが、
これ→http://artinyou.jp/
です。芸術館に行ってやってきました。

去年の秋、直島のこれで初めてみたとおもっていたのですが、
思えば、学生のころ六本木でのこれも見たことあった。かっこよかったのを覚えてます。

昔からこういうの好きなのは変わってないようです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008/04/21

初心

 今日は、久しぶりに、自分が初めて設計したLSIの設計書をみる機会がありました。ずいぶん、細かいとこまでちゃんと書いてたなあ。

 初めてということで、気合いも入っていたのでしょうが、やっぱり指導してくれた人がしっかりとしてくれていたのだと思います。ちょうどタイミングよく0から設計できる開発で、それでいて、規模はそれほど大きくなく、初心者にもほどよい、初めてにはうってつけのものでした。

 今、思うと、そういうのを用意しといてくれたのかと思います。開発中もポイントをうまいことおさえてくれていました。

 今は、及ばないながら、指導もする立場ですが、教わったようにできているかなあというと、自信をもってyesとは言えません。。。注意が届いてないところが多いなあ。

 教える側になると自分も勉強になるとともに、自分の至らなさがわかるというよくあるパターンを味わっています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/04/19

28

誕生日おめでとう、オレ。
ということで、28歳になりました。

よい一年になりますように。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008/04/12

iPhoto & iMovie

すげえすげえ! iPhotoとiMovie!!!

今日撮ってきた写真でなんか作ってみようと、初めて起動したんですが、
ひょいひょいといい感じのMovieができてしまいました。
YouTube用に変換してそのまま自動アップロードなんかもできるみたいで、
ちょっとちゃんと作ってYouTubeデビューなんかしてみちゃったりしようかと思えてしまうほどです。
いやあこれはおもしろいわ。時間あるときにもうちょっと使いこなせるようになりたいと思います。

※ちなみに今日はこんなことしてきました。詳細はまた。

Cimg0226_2


| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008/04/09

エサ

今週は、水曜、金曜、土曜と楽しげな予定がつまっています。
もちろん仕事でなくて。。

仕事は正直今、とても大変ですが、先週くらいからは、それに向かって、それまでがんばろうと奮い立たせている感じ。 楽しげな予定をエサにがんばるのが、一番即効性があります。

来週からは。GWをエサにがんばろう。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/04/08

Advanced FPGA Design

届きました。早速Chapter1 Architecting Speed から熟読スタート。

Advanced Fpga Design: Architecture, Implementation, and Optimization Advanced Fpga Design: Architecture, Implementation, and Optimization

著者:Steve Kilts
販売元:Ieee
Amazon.co.jpで詳細を確認する


早速、スピードの定義がされていましたが、ほほ〜という感じ。
throughput, latency, timimgについて。
When we say a design does not "meet timing", ..... とかあって、お〜言う言う。

FPGAやり始まったばかりのころ読んでもさっぱりだったと思いますが、今なら、いろいろ吸収できそう。狙い通りの内容っぽいです。

一旦、この本の内容あたりの知識を固めてから、次のさらに上位のHDL、SystemCとかにいくとよいのかなと思います。

 


ということで、がんがん読んでいきたいと思います。
どこかに、まとめページでもつくりながらやろうかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/04/05

図書館

今日は、図書館に来てみました。
部屋に積んであった本を3冊もってきて、1冊完読!
ついでに、macbookも持ってきてみたので、次の1冊にいく前に、休憩がてらこれを書いてます。

図書館は静かでいいですね。集中して本を読んだり、何か勉強している人もたくさんいて、こっちの集中力もつられてあがります。

受験なのか、それっぽい勉強をしている人が結構います。今からやってる人は、相当やる気がある人ですね。自分は、受験で図書館で勉強した思い出はあんまりありませんが、大学1〜3年のころは、レポートやら、実験結果まとめやらで理系図書館にこもっていたなあ。懐かしいです。机に資料の本を積み上げて、がつがつよくやっていたもんです。

今いるのは、広い自習室のようなところですが、大人でも結構勉強している人がいます。ちょっと意外でした。何かの資格取得とかでしょうか?やってるもんですね。やっぱりこういう自主的な勉強こそ大事だなあと思った次第です。

仕事初めてからというもの、新しいことはたくさん身に付きましたが、体系だってやることは少なくなった気がします。完成度と期日のトレードオフのバランスが、研究室とかのころとは大分違います。でも、やっぱり何かを通して学ぶというのは重要です。

ということで、今の仕事に関係する本を注文しました。某所でとてもおすすめしていた本で、中身もちらっと紹介されていたのですが、細かいところまで突っ込んでいて、How & Whyもしっかり書かれている様子。まさに仕事直結で役にたちそうです。

今、担当している技術についてよく知っている人が、おなじGrにいないのです。自分で勉強、開発済のものから技術を盗む、そういうトレーニングをやっている会社の人と関係をつくる、とこのへんまでは、やってるのですが、やっぱり身近にいろいろ聞けるよく知っている人がいるといいよなあとつくづく思っています。

でも、まあいないものは仕方ないので、せめて体系的に学びたいということで探したのがこの1冊。

今頃飛行機か船かで輸送中なはずです。分厚い洋書で100ドルもしましたが、じっくり読みこんでいきたいと思います。

たまに、ここの図書館に持ってきてよむのも良さそう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/04/02

前提

■Meanwhile

過去の人たちには、われわれと共有していない前提が、おもいのほかたくさんあるのだ

ほほ〜。とても面白いです。

過去に限らず、共有していると思っているけど、別のことを前提としていることって結構あります。面白いと思える範囲ならまだいいけども、ちょっと前まで、いらいらしたりもしていました。でも、最近、前提はみんな違うものだというのを前提とするようになってきました。ややこしいですが。

(だんだん、もとの記事とは内容が違っていきますが、)やっぱり、みんな似ているようで、違うものです。想定している範囲よりも違うものです。想定を超えたときに、自分基準で考えすぎるのをやめるようにしたら、結構いろんなことがかわって見えて面白くなってきたのです。

さらに、その上で、みんなに共通の前提となるものが、本当は知りたいのだけれども。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/04/01

Scilab

masterのときは、どっぷりmatlab使いでした。

FEMとか力学的なシミュレーションの研究をしていたので、 考えたことをひょいひょいっと試してみるにはとても便利でした。実行速度は遅いけど、実装速度は速いといった感じ。同じことをCとかで書こうとしたら、結構大変。実際最後の頃、実行速度を上げるのに変換を試みましたが時間制限もあってギブアップした思い出が、、。

FEMは、まんまmatrix演算が多いので、それだけでも便利だし、あとは、やっぱり結果のビジュアライズが多種多様で、しかも簡単にできるとこが利点だったと思います。3Dの計算結果をグラデーションつけて表示なんてことも数行の記述だった気がする。

なんで、こんなことを思い出したかというと、仕事で使うかもしれなくなったからと、Scilab使ってみたらそこそこいけそうだったから。こんな感じ↓

Plot3d

フィルタリング演算とか、メモリのモデリングとか、システム全体のモデリングとかできたらいいなあと企んでいるところです。

仕事で使うとなれば、まあお金はそれほど心配しなくてもいいのですが(でも、これ高いからやっぱり気にする必要あるかも)、どれくらいいけそうか、試しに使ってみたいものです。
そこで、フリーのmatlabという位置づけ(?)のScilabをちょっとインストールしてみていじってみました。ん〜なかなかですね。simulinkの代わりのものもありそうで、ひととおりそろうのではないかと思います。

さらには、これ、macOSXでも動くようで。
うちでもちょっとやってみようと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »