« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月に作成された記事

2008/03/31

07年度完

今日は07年度最後の日でした。

うちの会社は、上期下期とわけますが、年度も大きな区切りのひとつ。

年度というのは、日本独自のものなのでしょうかね?外国とか日本でもQuarterでわける会社も多いみたいです。Quarterでわけたときって、1st 2nd 3rd 4thとすべて等価なのでしょうかね? あまり想像がつきませんがそれくらいで分けた方が何かとよさそうな気もする今日このごろ。

明日から、いつの間にか、入社4年目です。早いものです。

学生のときの専門と今の仕事は結構全然違う分野なのですが、研究室にいた期間よりも、会社に入ってからの方が長くなってしまいました。もう専門じゃないとか言ってられません。

プロフェッショナルにならなくては。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/03/28

macbookの左側

Macbook_2

左側が込み合ってます。

ん〜〜なんか写真がきれいにとれない。。それはおいといて。

買ったmacbookのinterfaceは、右側はDVD/CDのスロットだけ。左側に電源、LAN、miniDVI、USB、USB、?、音声出力、?といった感じ。?はなんだかわからない穴です。


音声出力の先はもちろんtimedomain light。あいかわらずいい音を出してくれています。
TIME DOMAIN!
やっと買いました。lightにしました。

USB2つはちょっと少ないですね。ノートだとこんなものでしょうか。ちょうど小さいUSBハブをもってたので片方のポートにつけっぱなしです。

もう片方はeMobileのD02HW。ここは、ぎりぎりの場所なので速度はそれほどでませんが、申し込んで2、3日で使えるようになったし、どこにでももっていけるのでこれで十分かなと思っています。web閲覧には何の問題もありません。safari3.1にして、さらにさくさく軽快になったし。

miniDVI-DVIのアダプタを買ってみました。肝心のDVIケーブルがまだですが、届いたら、デュアルディスプレイにしちゃおうともくろんでいます。

電源ケーブルは、磁石でくっついています。ひっかかってもとれて、本体ごと落っこちたりしないようにするためらしいです。賢いです。でも、実際そんなことあるのかな、と思っていたのですが、すでに3回ほどこれのおかげで助かっています。。

手持ちのデバイスもeMobileも白いので、うまい具合に統一感がでている(か?)。

以上左側の現状でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/03/25

奴が帰ってきた!

こいつです。2年ぶりの登場。こんどは滑ってこけても大丈夫です。

でも、相変わらずえっさほいさとキモいです・・。

いや、このバランスをとる技術はとてもすごいと思うんだけれどもさ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/03/24

Translation

こんなこともできてしまうんですね。
まあ、よくみると、なんだかおかしなところも結構ありますが。

自動翻訳は、機械的なようで、なかなか進まない技術の一つだそうです。
やっぱり、言葉というのは人にもよるし、どういうのが自然なのかとか、一般的な言い回しは何なのかとか難しそうです。

音声リアルタイム自動翻訳はまだ先か?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/03/23

Easter

今日は、イースターでした。今年は早いですね。

基本的に「春分の日の後の最初の満月の次の日曜日」に祝われるため、年によって日付が変わる移動祝日である。wikipedia

という決め方なので、毎年日付は変わります。たまに、私の誕生日と重なったりもします。

さて、メッセージは、Iコリ15:1〜8。福音とはなんだろうかという話です。内容は、ちゃんと牧師先生の話を聞いてもらうこととして、また、自分なりに思ったことをば。

前にも書いたかもしれませんが、自分をコンピュータシステムに例えたら、福音とか信仰とかはなんだろうかと思うのです。

ハードウェアは身体だろなと。骨だったり、肉だったり、脳だったり、目だったり、手だったり。でも、ハードだけのコンピュータほど役に立たないものはありません。ソフトが必要ですよ。たとえDVDRAM+とか無線LANとかついていなくたって困らないこともありますが、ソフトがなかったら動きません。

ソフトといっても、いろいろなレイヤーがあります。反射神経とか運動神経とかにちかい(と思う)DriverからBIOSから、各々アプリケーションソフトまで。これは、色々な考え方だったり知識だったりに似てる気がします。

で、やっぱりそんななかで重要なのは、OSでしょう。あるOSの上で動くソフトは決まっています。別のOS用のアプリを無理矢理動かそうとしても、大変だし、例え動いたとしても性能でないんじゃないかなと。

最近Macになってそんなことを思いました。わからない人にはさっぱりわからないと思いますが、敢えて解説は無しでこれで終了。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/03/22

bjork again

最近、またbjorkをよく聞くようになってきました。

高校生のころ(もう10年ちょい前か・・)大好きだったのですが、しばらく聞いていませんでした。普通ではないですが、そういうのがいいんだろうなあ。もうちょっと前から、聞き始めてたら、こないだの日本でのライブもいったのになあ。今頃、惜しんでいます。

しばらく前衛的に突っ走っていた気がするのですが、一番したの最新アルバムは少しまとまりよくなっている気がします。なかなかよいです。とはいっても、やっぱ普通じゃねえ・・・。

デビュー+1(紙ジャケット仕様)

ポスト(紙ジャケット仕様)

ホモジェニック(紙ジャケット仕様)

ヴェスパタイン(紙ジャケット仕様)

セルマソングス-ミュージック・フロム・ダンサー・イン・ザ・ダーク(紙ジャケット仕様)

メダラ(紙ジャケット仕様)

ヴォルタ

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/03/21

declare independence

bjork姉さん、中国でこれやっちゃったらしい。あいかわらず攻めの姿勢です。攻め過ぎです。そりゃ当局から目つけられるわ

時期的には、今のチベット問題のちょっと前だけど、もしかしなくても結構関係しちゃってるんじゃないだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/03/20

骨量3.0kg

TANITA 体組成計 インナースキャン アイボリー BC-512-IV TANITA 体組成計 インナースキャン アイボリー BC-512-IV

販売元:タニタ
Amazon.co.jpで詳細を確認する


しばらく前に、会社から↑こんなのをもらってどっかにしまいこんでいたのですが、Amazonでみたら結構高い!これはもったいないということで、最近使い始めてみました。

身長はもう変わらないと思うので、体重と体脂肪率と体内年齢というのを記録中。まだ1週間くらいですが、結構変動しますね。一応量ってるタイミングは毎日同じなんですが。ちなみに体内年齢は、実年齢-2をキープ中。いい感じです。

あと、推定骨量というのが量れます。これは全く変わらず3.0kg。まあ、骨の量がひょいひょいかわることはないと思うので、正確に量れているということなのでしょう。
でも、これが多いのか少ないのか?困ったときは、とりあえずGoogleへお願い。一番上にでてきました。現在、体重70kgちょいなのでちょうどよい骨量のようです。一安心。骨量をキープするにはどうすればよいのかな。

自分の体を知るというのもなかなか面白いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/03/17

たまに、にこっと。

http://cubo.cc/

お〜気持ちわりい。なんか充血してる。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/03/16

Deuteronomy 8:2

申命記は、Deuteronomy というらしいです。

ヘブライ語では冒頭の語から『デヴァリーム』と呼ばれるが、これは「言葉」という意味である。『第二法の書』とも呼ばれ、七十人訳聖書では『デウテロノミオン』(Δευτερονόμιον)、ヴルガータ聖書では『デウテロノミウム』(Deuteronomium)の名称で呼ばれている。これは七十人訳の訳者が17章18節になる「律法の写し」という言葉を「第二の律法」という意味に誤訳したことからつけられた名称である。日本語の『申命記』という言葉は漢語訳聖書の名称から来ており、「繰り返し命じる」という意味の漢語である。

とのこと。さて、今日のメッセージで出てきたのですが、申命記8:2の最後、”知るためであった”の主語は誰なのか、とても気になったのです。

普通に考えれば"主"なのだと思うけど、実質的には、"あなた"なのかなと。いやだって、"主"は既に知ってんじゃないの?と。

ちょっといろんな訳をみてみました。

新改訳:あなたの神、主が、この四十年の間、荒野であなたを歩ませられた全行程を覚えていなければならない。それは、あなたを苦しめて、あなたを試み、あなたがその命令を守るかどうか、あなたの心のうちにあるものを知るためであった。

口語訳:あなたの神、主がこの四十年の間、荒野であなたを導かれたそのすべての道を覚えなければならない。それはあなたを苦しめて、あなたを試み、あなたの心のうちを知り、あなたがその命令を守るか、どうかを知るためであった。

新共同訳:あなたの神、主が導かれたこの四十年の荒れ野の旅を思い起こしなさい。こうして主はあなたを苦しめて試し、あなたの心にあること、すなわち御自分の戒めを守るかどうかを知ろうとされた。

ん〜最後の見ると、やっぱり"主"なのかな。次の節では、明確に人間側が主語となっているし、ここは神側の話なのかもしれません。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/03/15

Art in You.

今日は、水戸芸術館。Tatsuo | Miyajima Art in Youへ。
去年の秋、直島でKadoyaをみていたので、名前は知っていたのですが、今回のも面白かったです。

ひとことでいうと、"数字"です

沖縄と広島(他にもあったのかも?)でのワークショップの写真がとてもきれいでした。2周してしまいました。水戸でもやるらしいので参加してみたい気もします。水戸だったらどこでやるんだろ?

あとは、DeathClockというプログラムの作品。macがたくさん並んでいました。なかなかいろいろと考えてしまうモノでした。

アートな一日でした。

Image001

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/03/14

MI:III

今いる寮で、11chをつけると、なんと映画chになっています。STARchというやつと寮で契約しているようです。

今日21:00からは、Mission Impossible IIIをやっていました。やっぱり面白い、これ!全部みてしまいました。
ストーリーはまあいいとして、小道具というか色々な仕掛けと音楽だけで、もう満足です。
映画館とくらべるとやっぱり音楽の感動度は落ちますが、小道具の方は、やっぱりいい!実際にできるかどうかは別としても、ここまで手際よく段取りよく何かやってるのをみると、とてもすっきりします。

すっきりとする映画が好きなのかもしれません。伏線張るだけ張っといて回収できないやつとかはいやですね。

そういった意味では、いまやっているバンテージポイントは、ためてためての謎解きすっきり系な気がします。

明日あたりみにいってこようかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

再生紙。

そういえば、会社のプリンタの紙が白くなった。

いうまでもなく、この事件がらみなのだろう。発覚自体は、ちょっと前だが、ストックが切れて、補充される段階でかわったのだと思われる。
レジ袋廃止の話題にも似た、なんだかなあ、という感じ、環境に絡めとけばいいんじゃないのという考えがどうも無理矢理感があるんだが、表立っておかしいという人がいないというかそんな気がするがまあそれはおいておこう。

再生紙かどうかはさておき、仕事上たくさんプリントアウトする。プリントアウトしなくちゃならない訳じゃなく、見やすいからする。ざっと全体に目を通せるし、簡単にちょろっと書き込める。やりたいことは電子データのままでもできるのだけれど、なんだか紙に出してしまう。

前にも書いたかもしれないが、人間とのインタフェースという意味では、紙+ペンのレベルまでいっていないのだと思う。ペンとしては、マウスの次のなにかが望まれる。

紙としては、そのままだが、やっぱり電子ペーパーなのかもしれない。本当のいみで、繰り返し使える紙ってあったらいいなあ。ここでいう紙がどんなものか考えてみると、薄い、安い、書き込める。さらに電子という意味では、消せる、検索できる、動くとかだろうか。

理想としては、机の表面が、表示もできて、書き込みもできるようなのだといいなあ。

製品としての電子ペーパーが出てきてはいるけど、5年くらいで、実用に堪えるようになるだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/03/13

神経の専門家による脳卒中レポート

神経の専門家による脳卒中レポート

"Taylor氏は、自分の体がどこで終わり、どこから周りにあるものが始まっているか、境界までがわからなくなった。自分の腕の分子が壁の分子と混ざっている。自分が大きく広がって、周りにあるすべてのエネルギーとつながっているような感覚で、穏やかな気持ちになった。"という。

ここまで冷静に分析できるとはすごい。一流の科学者とはこうなのだろうか?

科学者の知り合いは身近にいないが、エンジニアはいっぱいいる。あとなぜか、結構、医者も。ある意味科学者の一部と言えるかもしれないが、ちょっと思い返してみると、こういう人たちは、自分も含め、変な所で妙に冷静に、詳細に分析を始めるところが、ある気もする。たとえそれが、自分に危害を被ることであっても。

それで、その事象に対する解をさっさと見つけて実行するところまでいくと超一流なのかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/03/10

"sips"

今日は、そこそこに早くかえってこれたので、MACいぢり続き。

偕楽園で撮ってきた写真ですが、そのままだとサイズがでかい!

windowsならまとめてリサイズするようなフリーソフトを探すところですが、macには、大体したいことはできるように機能が入っているというのを聞いたので、そっちの方向で探してみました。

と、やっぱりありました。→こんな方法

要は、sipsというコマンドをつかって、コマンドラインで処理できるのです。
そういや、このOSってUnixだったんだった。

perlとかrubyとかも色々課題はあるいにしろ、入ってるらしいので、やってみようと思います。windowsは始めるまでが結構大変だった思い出が、、。

仕事で使うようになって、Unixというかコマンドラインでの処理の便利さを知りました。最近ソフト開発の人とかでもMacに移行する人が多いと聞きますが、やっぱりここが一番の理由なのでしょうね。 まずは、もうちょっとperlレベルアップ目標。 写真は、こんな感じ。

Image005

Image009

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/03/09

Blue Tooth

偕楽園いってきました。

場所によっては満開。第3回夜梅祭をやっていました。

すごそうなカメラがたくさんならんでいるなか、

携帯で撮ってみました。


USBケーブルも無いし、携帯からどうやって画像をもってこようかと思ったのですが、そういや、どっちもBlueToothがついてるなと。これで画像送受信に挑戦してみました。

意外に簡単にできました。便利ですね、これ。

mac側でネットワーク→BlueTooth→デバイスをブラウズ
でいろいろできるようです。スピードもそこそこ速くていい感じ。

ただ、microSDの中が見えない。。携帯の内部メモリの方に移動してもってきましたが、毎回これは面倒だなあ。どうにかしたらみえるのかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/03/08

休日

今週は、よく働きました。

先週から0時過ぎ帰りが続いていましたが、何とか問題解決の光が見えてきて、今週末はお休みとなりました。よかった〜。

ということで、昼まで、たっぷり寝て復活したところで、
昼間は、買ったのに読んでない本も大量になってきてしまったので読み倒そうかなと。いわゆる積ん読になってしまっているので、、、。

夕方からは、偕楽園へいく予定。梅です。色々とイベントもやってるそうで、いってみようということになりました。16:00集合。

休日っぽい休日だなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/03/04

眠い

macいじりたいのに、仕事が忙しい。。
3月になってまだ2日しか働いてないのに、残業時間が既に10時間突破とは、どういうこったい!もっと大変な人もいるかと思いますが、自分としてはこのペースで1ヶ月はもたなさそうです。まあ、もうちょっとしたら、もう少し楽になるかもしれないしと言い聞かせてがんばります。

macbookにした最大の目的であるgaragebandと愛用のK61P1をつなげて使いこなすのはまだ先になりそうです。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/03/02

続mac

こちらも再び始めました。


こないだは、あまりにも眠い状態で受けたので(言い訳。。)100点も下がってしまいました。 次はがんばるぞと。

さて、macbookいい調子です。 まだ、なれない部分はあるけれども、なにかと親切に作られているような印象です。

親切といえば、これを買った"PLUSYU"!! 実は、注文した後、macbook&macbook proの新モデルが発表されて、正直ミスったなあ、まああんまりかわらないしいいか、とむりやり納得することにしていました。

のですが、なんと、新しいやつに変更してくれました。性能アップな上に値段もやすくなっちゃった!

いやあ、いいお店だ、と宣伝しておきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/03/01

macbook到着〜!

macbook今日届きました! インターネット環境も今日から復活!こっちは今話題のemobileにしてみました。 今日はまたしても休日出勤だったのですが、午前中でかたがついたので帰ってきたところ2つそろって届いていました。さて、午後からじっくりいじり倒すぞ、と。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »