« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007年7月に作成された記事

2007/07/18

vistaな人も発見!

アクセス解析機能を久々にチェック。
ココをみてくれた方のOSは↓のようになってます。

こうしてみると、XPがダントツなのですね。
Vista買った人も発見。
下のほうには聞いたこと無いのもちらほら。

普通の人はOSだけ買い替えたりしなそうだけど、パソコンごと買い替えるのに合わせて、だんだんVistaが増えていくのでしょう。

Os_4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/07/12

最近聞いてない。

これyoutubeでも発見。

聞いたことあるのは半分くらい。
懐かしかったり、最寄の曲が出るとうれしかったり。
でも、最近本物のこの音楽、聞いてないな~。

no.1

no.2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

(ベルカンプ+アンリ+ピレス+・・・)*ベンゲル=すげえ強い

突然ですが、アーセナルをあそこまでチームとしてまとめあげたベンゲルは、やっぱりすごいなと思います。やはり、ベルカンプを絶対的な存在としてまとめたらしいです。ベルカンプのすごさについては、いまさらいうことは無いですが。彼に対してベンゲルはインタビューでこう答えています。

「完璧なボールコントロールで極シンプルにゲームを組み立てることができる。」

これ以上無く的確に、特徴を捕らえたコメントだと思います。
ここまで、選手のことを熟知してこそのあのチームだったのでしょう。

↓これをみての感想でした。なんかもう笑えてくるほどうまい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/07/10

帰り際の出来事。

今日は、久々にちょっと帰りが遅かった。

ロッカーの荷物を取って帰り際、廊下で電話をしている女性がいた。
通りすがりに、ちょっと聞こえてしまったのだが、

「今日はプールはいれたの?」
「宿題はでたの?」
「おなか冷やさないで。」
という内容だった。
その人は、これからまだひと仕事という感じだったが、
子どもは、もう寝てしまうのだろう。

なんかちょっとせつなかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/07/06

どっちかな。

 油圧システムというものがある。機械科だったのでこれだけで半年の講義を受けた。原理としては、パスカルの原理やら何やあるが、要は、小さな力*大きな移動⇒大きな力*小さな移動量に変換する仕組みだ。馬鹿でかい力を要するところには大体使われている。

 このシステムで設計された"方向"に、ちょっとした"力"を加えると、その"方向"に大きな"力"が付け加わる。その大きさたるや、人間の素手の力で車を持ち上げたりしてしまったり、そのシステムの物理的な大きさ比では最大である(と思う)。

 設計されてない方向に力を加えても、その力は付け加わらない。逆に抵抗となってより大きな力を加えないと間違った方向には動かない。方向が重要だ。設計された方向に、ほんのちょっとの力、ものによっては触る程度の力を加えれば、あとはグーっと押してくれる。そして、大きな力がでる。

 しかし、これも、何も力を加えないのでは動かない。正しい方向へも、間違った方向へも力を加えてみなければ、どちらが後ろから押してくれる力が働く方向のかわからない。必要な力はほんの少し、触る程度でよいのに。

 設計者が設計した正しい方向がどちらなのかわからない場合、押さずにどっちが正しいか考え込むよりも、考えられるだけ考えたら、その時点での判断により、まずは押してみたほうがいいのだろうか。もしくは、自分よりももっと設計の意図を深く知っている人に相談してみたたりとか。

 いずれにしろ、どちらにするのか決めるのは自分だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »