« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

2007年2月に作成された記事

2007/02/28

五輪予選初戦

途中までしかみませんでした。

だって面白くないんだもの。

ちょっとひどいのではないでしょうか。

もっとボロ勝ちできたはず。

単純なミスが多すぎだった気がします。

そのせいで、緊張感がない試合に。

ニュースとかでは、相変わらず決定力不足と言ってましたが、”決定力とは何か?”を扱うフェーズにはなかなかいかないものですね。

積極性だとか、ゴール前での落ち着きだとかいいますが、そういうんじゃなくて、多分、ただ単純に”技術”が無いのだと思いますよ。

こういう体勢で、こういうボールがきたら、こう蹴れば、ここに飛ぶ、という動作の精度の問題であって、気持ちだけなんとかなるもんでもないだろうし。

すげえと思う選手を見てると、どこまで考えてのプレーかはそれぞれかもしれませんが、単純に思ったようにボールを扱う技術がものすごい。どんな状態でもね。

あとひとつ上のレベルが、その”思ってること”自体がすごいって段階かと。

クライフも、”ボールを追いかけるのでは、それはサッカーというスポーツでは無い”とも言ってたような。ボールを思うようにコントロールできてなんぼ、という話です。

芝の状態が悪かったともいってたけど、プロなんだしね。久々の代表戦なのに、もうちょっと面白い試合をしてもらいたかったです。

あ~サッカーやりたくなってきた。でも、自分でやってみると、思うように体さえ動かなくて凹むわけですがね・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

USBでMYSQL

「The Uniform Server」を使ってUSBメモリでタスク管理サーバを持ち歩く方法 - GIGAZINE」

こいつは、おもしろそうだ。

ちょっとやってみよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/02/26

あいたたた

なんだか腰が痛いのですよ。

あんまり腰痛ってなったことないんだけども・・。

一日中妙な歩きかたをしていました。

原因は、昨日ちびっことはしゃいで遊びすぎたことのようで。

あっちはどんどんでかくなってるのに、それに気づいてないからね。

こっちが衰えたのではないと思いたい・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/02/24

20ヶ月前言われたこと。

働きはじめて、もうすぐ3年目。はじめの半年くらいは研修などだったので、配属になってから20ヶ月くらいです。配属になったばかりのころ、同じところに配属になった新人2人呼ばれて、部長から言われたことをよく覚えています。それは2つあって、

・どうせなら、その分野では、世界一になる気でやれ

・ソフトウェアとハードウェアどちらもわかるやつになれ

ということでした(と思う)。

ハッパをかける意味だったかもしれないし、まだ仕事がどんな感じなのか全くわかっていなかったのもあるけど、結構純粋に、本気でそうなろう(なりたい)と思った記憶があります。

んで、しばらくして、仕事もちょっと忙しくなり、それを片付けることに精一杯な感じが、今も続いて、すっかり忘れていました。

が、前よりは少しは、扱ってる製品(やその開発プロジェクト)の全体像や今後や問題点なんかも見え始めてきた今、必要なことはというと、↑2つのことな気がしてきています。入ったばっかりで聞いたときより、もう一段深く、

・本気で世界一のレベルになるには何が必要か。

・ソフトハードを両方知った設計、開発、プロジェクトのやりかたはどんな形なのか

答えは、そう簡単にでることではないのだけれど、必要な問いかなと。

あの時はよくわかってなかったなあ+いいこと言ってたんだなあと、そんなことを思い出したのでちょっと書いておいてみました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/02/18

思考停止ポイント

思考停止ポイントっていうのがあるよね、というお話↓

Lesson44 自分の「思考停止ポイント」を発見する

少しむかしの記事だが、とても関心し、共感しました。

これは、確かにあることで、自分も、いろんな人の”考え方を考える”ときに、もやもやっと考えてたもの。さすがプロの書き手。わかりやすく、書いてくれます。

どこまで、思考を停止せずに、不安定な状態に耐えられるかというのは、とても大きな意味を持つことだと思います。”どこまでいけるか”っていうNIKEのCMがちょっと前にやってたましたが、それを見たときも、何か印象深いところがあって、今思えば、こんな感じのことを考えていた気がします。

停止しないでひたすら、いけるところまで行くというのが、”楽しい”という状態だと、その道のプロになれるのかもしれないですね。

が、本文中にもあるように、普通は、これはとても”しんどい”ことです。何かに寄りかかって、そこで停止というのは楽だもの。

が、やっぱり、現実問題として、どこかのポイントで停止しなくてはならないことが多いわけだけども、本当に本当のところまでたどり着いたなら、それはそこで停止すべきでもあるのかな。

で、自分はクリスチャンなので、この停止ポイントを聖書に置いた(置きたい)という人なんだと思います。聖書のどこかしらまでいってから、停止したいのです。そこで、停止できるということは、理想だと思うわけです。

でも、そこでもっとも危険なのが、”ひとりよがりな解釈”だとも。それは、勝手に自分が停止したいところな気がするわけです。停止すべきところ、今回はそこまで行け、というところは自分で決めるのではないような感じもあります。

話がまとまってませんが、そんなことを思います。

時間も限られてる中で、安易に停止しない、というのはその両立が難しいところもありますが、新たな視点を持てた気がします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/02/13

ぞわぞわっとする。

さあ、link先へ行って、ヘッドホンをして、GOを押してみましょう。

ぼくは、なんだか、もう、ぞわぞわしちゃって、

最後まで耐えられませんでした。

sound immersion

面白い&不思議。

途中で、思わず横見てしまいました。

背中の下のほうに"しゃかしゃか"がいったところでGIVEUP・・・。

ここは、面白いねたの宝庫だなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/02/11

機械的ことは機械に

仕事って本来やるべきことをさらに効率よく進めるために必要な別な知識ってのがあるなあと思う今日この頃です。

特に、コンピュータを使いこなせるかどうかというのは、いろんな作業の効率にものすごい差を与えます。機械的なことをいかに機械にやらすかということかなあと、常日頃思うわけです。

んで、今実際に仕事でやろうとしてることが⇒これ 今は、ぺたぺたエクセルに手作業で貼ってやってることを1クリックで終わらせるようにしたいのです。ちゃんとできれば、格段の効率アップになるはず!(んで余裕+他のことする時間になるはず)

右クリック⇒コピー⇒右クリック⇒貼り付け から、ctrl+C ⇒ctrl+Vな人へレベルアップしたときよりももっと格段のレベルアップです。

こういうテキスト操作っていうのはだれもやったことはあることだと思うんですが、結構めんどくさいし、間違ったりもしやすいもんです。ばりばりのソフトやさんからすると.plとかでたくさんのバリエーションのソースをつくるのは当たり前のようなんですが、それすら最近知った自分としては、まず何で実装しようかなというところから検討中。

こういう仕事も楽しいです。その実現が、誰に、どう役に立つのか明確に見えるからかなあ。もちろん、今の仕事は進めつつ、平行してやらなくちゃならないわけですけどね。勝手に自分で作った仕事だしね・・・。

まあでも、こういうのを積み重ねてくのも、”腕”をあげるのにもとても有効な気がするのでこっそりつくってみます。

2ヶ月くらいでできるかなあ・・?

| | コメント (0)

2007/02/10

2秒でどこまで逃げられるか!?

The rules are simple:

I put the self-timer on 2 seconds, push the button and try to get as far from the camera as I can.

http://runningfromcamera.blogspot.com/

だいたいみんなおんなじくらいですね。

アホな企画だ・・・でもこのセンスすげえ好き・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マリオづくし

マリオづくし

エレキギターとかピアノのやつは見たことあったけど、

他にもたくさん。どれもいい感じです。

アカペラのとか、オーケストラのとかすげえ!

この曲を作った人は偉大ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »