« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

2006年5月に作成された記事

2006/05/29

写真up!!

2.photos 

flickrです。写真いろいろ。まだ少ない・・。随時更新中。 ”

を更新してみました。

昔の写真をのっけてみました。

| | コメント (0)

2006/05/25

プロフェッショナル

すげえ⇒これ!

"F1+M.シューマッハ"ってこんなに速いんですね。

この圧倒的な差がプロフェッショナルな感じでいい。

1台目はどこの車かな。

2代目はフェラーリなのに、F1カーの前では一般車ですね・・。

すげえ。

| | コメント (2)

2006/05/23

らくだ

この写真一見普通の砂漠を歩くらくだの群れですが、

よーくみると・・・

すげえ!!

これ

| | コメント (0)

2006/05/22

曲がる光

NTT、光が自在に曲がる現象を発見 - 映像機器・プリンタの小型化も
大塚実 2006/5/21 MYCOMジャーナルより

こいつはすげえ。

光は、曲がらないものだと思っていたけどね。

"NTTは18日、特殊な結晶を用いて光を自在に曲げることができる現象を発見、それを利用した光ビームスキャナの開発に成功したと発表した。「KTN結晶」と呼ばれる誘電率の高い物質にレーザー光を通し、電圧を加えることで進行方向を制御した。将来的には、携帯電話に搭載可能なプロジェクタや、ハンディタイプのレーザープリンタなども期待できるという。"

とうことらしい。

要は、光の方向を直接、電圧で制御できるってことかな。

方向を機械的に動かして決めるのではなく、電圧で制御できれば、そりゃ超速いだろうし、いろいろできそう。モノ自体も小さくてすむだろうし。

すでに、大きな結晶も作れるみたいだし、ホントに近いうち世の中にでてきそうです。

あとは、この特性をフルに生かした仕組みのアイデアですね。

ちっちゃくするのもいいけど、

”リアルタイム超高解像3Dスキャナ”とか作ってみたいなー。

| | コメント (0)

2006/05/21

”量子が変える情報の宇宙”

量子が変える情報の宇宙 Book 量子が変える情報の宇宙

著者:ハンス・クリスチャン・フォン=バイヤー
販売元:日経BP社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

最近、電車に乗るときとかに↑これを読んでるわけです。

面白いけど、超ムズ。なかなか進みません。

でも、自然科学に興味がある人なら、ぜひ読んどいたほうがよいかと思えるとてもよく書かれた本だと思います。

そのへんの教科書よりよっぽどよくまとまっていますが、そのへんの教科書を苦労して読み漁った経験が無いと難しいかも・・。

こういうのを早い段階でよんでいたら、もっと本気で勉強しただろうなあと思うけど、大学1年のときとかじゃさっぱりわからなかったかもなあとも思います。

難しいところですね・・。

こういう自然科学系に限らず、小説とか古典と呼ばれるようなものでも、ほんとの”良書”を、難易度とかも考慮しておしえてくれるような人がいたらいいなあ、と思いますね。

今は、自分にとっては、それが、web上の記事になってるけどもね。

| | コメント (0)

2006/05/16

いたずら(?)

こういういたずらなら、許したくなりますね。

なかなかすばらしいアイデア。

いい絵が撮れてます。

1周できなかったのが、ざんねん。

これ

| | コメント (0)

2006/05/15

Stellarium

こんなのを入れてみた。

デスクトップでプラネタリウムできるフリーソフト「Stellarium」

ちょっと前、みんなで海へ行って、星をみて「うおーすげえ」と感動してからというもの、内輪で星が流行ってます。あの時は、雨の直後で空がきれいでほんとにすごかった。

みんなでお台場のプラネタリウムとかいっちゃたし、室内用のプラネタリウムもどきみたいなのもってる人も。

くるくるまわしてつかう星座早見表はもはや必須アイテムですw

まーでも、もうちょっとお手がるに楽しむ or 本物を見るにあたっての予習用にこれはいいかも。

場所と方向と日時いれると実際の空がどうなっているかみられたりしていい感じ。

星座の絵がでるのもよいですね。

海では、さそり座と北斗七星、カシオペア座くらいしかわからなかったから、ちょっとお勉強してまた見に行きたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/11

IMPACT!

最近夜中やってる

インパクト!IMPACT!って番組が面白いっす。

よくあるネタ見せ番組だけど、ぶっ飛び具合がいい。

さまあーずもいい。

あと、この司会の人もいい。

んで、この声どっかで聞いたことあるとおもったら

やっぱりこの声だった!→これのひと

声がいいっていいなあ。

| | コメント (0)

初出張(?)

明日は、初めての(仕事らしい)出張です。

今までは、研修を受けにいったりとか展示会を見に行ったりとかだったんですが、やっと打ち合わせでの出張。

研究所にいってきます!

”研究所で開発したやつの改造+それを新製品へ適用”を担当することになったので、改造前のもともとのやつについておしえてもらいにいきつつ、改造する際のポイントなんかも開発者の人から聞き出してくる作戦です。

頭が疲れそうですが、不具合対策でお客さんのとこいったりするよりは、はるかに楽だろうなあ・・。

研究所ってちょっと楽しそうだし。

ということでGW明けてなんとなく1週間経ってしまった感じですが、気合を入れなおしてがんばるぞ、と。

| | コメント (0)

2006/05/09

お勉強

※(続く)のまま、続いてない話がありますが、それは、ちょっと置いといて別の話。

今日で3回目だったんですが、会社で事業に関係する分野の勉強会に参加しています。

去年は新人で自主的に製品の勉強会やったり、

回路系の仕事についたにも関わらず、回路の知識ほぼ0なので、電気電子回路系出身の人たちに回路とは何ぞやを教えてもらったりしてたのですが、

こんどは、がっつり半導体製造プロセスについてですわ。

むずい、ムズ過ぎる・・。

直接は関係なくても、将来必須な知識なので参加してみているのですが、レベル高すぎです。

質問は?と最後に言われても、何を質問していいのかわからない感じ・・。

やっぱり、生身の人間に教えてもらえる最大の利点は、"質問できる"ということだと思うので、せめてその域までは本やwebを駆使して、必死こいていきたいと思う今日この頃です。

| | コメント (0)

2006/05/06

GW後半戦1日目

お出かけ1日目の夜。

この4月から神学生となった友達と久々にあってごはん→その友達行ってる教会の祈祷会へ

ついてきました。

3年働いてから、神学校へ入った彼。前からそうしようと決めていたらしいですが、まだ神学校生活は1ヶ月ちょっと、仕事の話やら、昔の話やら、共通の知り合いの話やらしてきました。

そして、西武線のナントか(忘れた・・)という駅にある教会へ。

久々にああいうよくある感じの数人で集まって祈るというスタイルの祈祷会に参加した気がします。いいもんですね。働き始めてから、いけていないので、祈祷会自体久々。うちの教会もああいう感じのもたまにやってほしいなあ・・。

そして、1時間の祈祷会のあと、さらに1時間聖研をやるというではないですか!

これもとても久々。聖研してえなあと思ってところにとてもうれしいときでした。

そこでの主題が”権威”。

グループメンバーは、牧師+友達+若者(大学生かな?20歳くらい??)+自分の4人。テキストにしたがって、順番に進めていく感じで、参加したところは、マルコ11:27~33でした。

ここでイエスと祭司長、律法学者、長老たちが権威について、議論しています。

このときは、イエスが宮に入って、商売してる人らを追い出したり、台や腰掛けを倒したりした後で、祭司長たちとしては、何の権威があってこんなことするんだ!?というわけです。

+イエスをどうやって殺そうか、陥れようかと。

そこで、イエスは、”一言尋ねる”わけですが、

まーなんというか32節の

――彼らは群集を恐れていたのである。

というところがすべてな感じですね。

(続く)

| | コメント (0)

2006/05/04

GW後半スタート

昨日からGW後半として、お出かけ連泊の予定だったんですが、”うまいもの”につられて帰ってきてしまいました。蟹とか刺身とか。そりゃ、帰っちゃうよね・・。

昨日は、食事と移動しかしてない気がします^^;

でもとてもよい一日でした。

今日から、再びお出かけです。天気もいいし、昨日に引き続き、今日も明日も楽しくなりそうだ。

 

| | コメント (0)

2006/05/02

買っ(ちゃっ)た本一覧

はてなブックマークにコレクションという機能があるのを知って、最近アマゾンで買った本の一覧をまとめてみました。

→左のmenu欄 4.books として追加してみました。

会社に入って、本を買うことが増えました。ほとんどAmazonだけども。通勤途中にある本やでは立ち読みのみ^^;

どこかで、技術系なら、給料の10%は本を買え、と書かれていましたが、それはちょっと金銭的につらいところ・・。でも、ネットが発達していろいろな情報が簡単に手に入るようになったとはいえ、“本”として読むのはまた別物な気がします。

技術的な本だけでなく、小説とかも、代替となるものは無いように思います。(小説は古本やで\100とかで買うことが多いけども・・)

電子ペーパーとかもっと安くなって、気軽に使えるようになったら買うかも知れないけどもねえ。今のはねえ。まだ使いづらそうな感じ。

もうずっと続いている、

紙に書かれた文字、という形の情報を“まとめて”伝えるインターフェース。

偉大です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

すっからかん

GW真っ最中ということで、会社の寮はすっからかんです。

自分は、このすっからかんな寮で中休み中。

明日からまたお出かけです。

実家近いけども、わざわざ荷物まとめて泊まりに行くのも面倒だしなあ~。

車も壊れちゃって、自転車と電車とバスを乗り継いでいかなくちゃならないし・・・。

天気も悪いしなー。

ということで、今日はぼけーっとした一日を過ごしています。

まーこんな日もあり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/01

"教会関連技術"という分野があるらしい

こんな記事がありました↓

次のキラーアプリは宗教か?--盛り上がりを見せる「教会関連技術」市場

文:Greg Sandoval(CNET News.com)
翻訳校正:尾本香里(編集部)

2006/05/01 18:20 

最新の音響技術や説教の記録、整理、配信の技術等、確かに教会に特化した技術はけっこうあるかもしれない。うちの教会でもプロジェクターを導入しようとしているところだ。同時通訳のための無線機器もあるし、説教をオンライン配信もしている。

これらが、ひとつの“市場”になるほどになっていることに喜ぶべきか、警戒すべきか・・・。すぐには判断できないところがある。

日本では企業が目をつけるほどの規模にはなっていないだろうが、それはそれでよい気もする。余計な問題にまだ遭遇していないというところだろうか(教会が、という意味で)。

音響技術などつかって(他にも空調とか)よりよい環境を整えるのは必要ではあると思うけども・・・

技術屋∩クリスチャンの自分としては、そのへんとても気になるところである。が、この記事の感じは、どうも違和感を覚えるなというのが正直なところ。技術者のことばではあるが、「まるでロックコンサートに行くような感覚だ」という感想が出てしまうところにすでに問題があるような・・。

ど派手な礼拝とか、個人的には好きではない。

技術を導入することで、そういう方向へどんどんいってしまうなら、それは悲しい。

なんのために環境を整えるのかって話で。

ちょっと前、冗談で言っていたオンライン教会(みんなが集まる教会"堂"は無く、すべてネット配信、オンライン管理みたいな・・・)なんてのも技術的には余裕で実現可能になってしまった。(すでにあったりして!?)

でも、教会に通っている人なら思うだろうが、それは“教会”ではない、と思う。

でも、じゃなんで?というのに明確に答えられるかなあ?

“教会に何しにいくの?”ということを考えさせられる記事でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ラーメンズまとめ

やっぱラーメンズはいいね~。

ラーメンズまとめ

練りこんだねたがすき。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »