« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »

2005年11月に作成された記事

2005/11/29

偽装

巷を賑わせている強度偽装問題。

構造力学がらみで修士論文を書いた自分としては気になるところですが、
もうひとつ気になる理由が。

今、会社でちょうど「ぎじゅつしゃりんり」について講習をうけてるところなんですね。イントラで自主学習ではあるんですが。その冒頭で、技術的な倫理が原因となった事故などについての例があり、詳しい解説がありました。

まずは、ちょっと昔ですが有名なスペースシャトルの爆発事故から始まり、最近のでは某自動車会社や某牛乳会社の問題などなど。

TV等で偽装問題の事件をみていると、この人たちは、この事件が報道されているのをどういう思いでみてたのかなあと疑問に思ってしまいます。○菱の事件や雪○の事件よりも前にやっちゃってたんでしょうか?それならどきどきしながら一連の報道をみてたのでしょうか・・。見てからやっちゃったのなら・・あまりに安易です。

人の振り見て・・ではないですが、こういうことは絶対にばれること、ばれたら一巻の終わりなことを肝に銘じなければなりません。

というか、そういうことで儲けようとして「技術者」として恥ずかしくないのかと。

今の偽装問題の報道をみながらどきどきしてる人(会社)が無いことを祈ります。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005/11/25

その2

3冊¥300で買ってきた三浦さんの本のうち2冊目終了。

これは、小説ではなく、おもに雑誌にのった短い記事を集めたもので、よくいうエッセイ集というやつです。


エッセー【(英) essay; (フランス) essai】
(1)形式にとらわれず,個人的観点から物事を論じた散文。また,意の趣くままに感想・見聞などをまとめた文章。随筆。エッセイ。
(2)ある特定の問題について論じた文。小論。論説。

エッセーというのは何なのかよくわからなかったので辞書を引いてみると↑のようなものをいうようですが、作品としての小説とはまた違い、率直な考えがかかれていてとても面白かったです。

そして、あらためてすごい人だなーと。
すごい事をしたすごい人ではなく(もちろんすごい作家ではあるけれども)、普通のすごいひと。

この芯の強さがほしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/11/22

ん〜

今日は、明日が休みだということが気になって気になって、ほとんど何もしませんでした。

今日までにやることになっていたのが昨日までに大体終わっちゃってたってのもあるんですが、さらに、それを見てもらうはずだった上司も風邪っぽいから帰るわということで、午後からいなくなっちゃうし・・。

でも、時間が有り余っていたので、普段じっくり見ることの少ない回覧されてくる技術雑誌や、専門の新聞をくまなく読んだりして、いつもとは違った情報を得ることができました。

まーこんな日もありだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/11/21

寒!

今日は一段と寒かったです。
朝、会社に行く途中の畑(があるのが田舎だなあ・・)が霜と霜柱で一面真っ白でした。

でも、寒いといいのが帰り星がきれいなことですね。
なんかもう輝いちゃってるし。
田舎とはいえ、結構車とかは走ってるところでもこうなんだから、ほんとの山の中とかは、もっとすごいのでしょう。

ぱっと見でわかる星座は、オリオン座くらいしか知りませんが、いいねー。(と暗い田舎道を上を見ながら歩いてる怪しげな人でした。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/11/19

お菓子

あんまりお菓子を食べまくる人ではないのですが、
仕事をするようになって、ほぼずーっと、机にいてパソコンの作業なので、何か口に入れたくなります。

んで、はまってしまったのがハイチュウ。

ひどいときは、1.5本/日のペースで食ってたような・・。
でもハイチュウは口に入れるとすぐなくなってしまうので、
最近は飴。
特にヴェルダース・オリジナルってやつ。CMでやってますが、ほんとにうまいなーこれ。
飴なので長持ちするし、いい感じです。

なので、会社の机の引き出しを開けると、ハイチュウと、ヴェルダースと眠気覚まし用のガムが常備されています。

あと帰ってきてからは、DoritosのPizza-La-KANI-MAYO味にもはまり気味・・。

そこそこにしとこう・・。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005/11/17

カガクと・・

昔、教会でだったと思うんですが、こんなことを話した思い出があります。

自分は、どっぷりと理科系の道を歩んでいる。この科学的な考え方と聖書の言っていること、それにしたがっていこうとするときに、相反していると思われるところがあくさんある。でも、人間が作り出した科学というものがまだ未熟すぎるからなのだろう、本当に極まって真実まで近づけるのならば、同じ結論へたどり着くのだろう、と。

あれから数年、多少科学的な知識も増え、人間としての経験も多少増えたと思いますが、さて、どうでしょう?

知れば知るほど遠のいていく気がします。

でも、昔は、数学者、兼物理学者、兼画家、兼牧師だったりしたひとがたくさんいました。

聖書的な科学者。

頭の中はどんなんだろうなあ・・。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005/11/12

解説

古本屋で三浦綾子の文庫本を3冊(で¥300)ばかり買ってきて読んでるわけですが、
読み終わったあと、後ろについてる解説を読むのがけっこう好きです。

で、その中の一冊の解説より↓
『・・・著者が「聖書」のことばを引く場合、近代的小説がしばしば試みたような、一つの観念や格好のいい知識として、体裁よく用いているのではない。元来、聖書のことばのもつ、あふれるようなエネルギーというのは、そのような小才の利いた辻褄合わせの修飾として、うまく使いこなせるようなしろものではないのである。・・・」

とても鋭いと思います。
「ことば」は数あれど、他とは一線を画すものが聖書だと思います。

まさに(正しく用いた場合)それはあふれるエネルギーを持つものです。
ポテンシャルエネルギーが大きいとでもいうか・・。

といいつつも、その全てを知ってはいないのだろうとも思いますね。

どんだけすごいのかもっと味わいたいなあ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

お!

今見たら↑が花火大会に!

でも書き込んだら変わっちゃうのか?

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005/11/07

懐かしい

ずいぶん小さいころ見た風景が、ちょっとしたことでふと思い出されることがあります。

自分の場合、
松林、木でできた電信柱、砂利の道路、シロツメクサだらけの広場。
多分これは、今の実家あるところに引っ越す前にいたとこだなあ。

ちょっと前に、何か用事があって、小学校のころの通学路を歩いてみると、
あまりにも何も変わっていないのに、全てが微妙にミニチュアみたいな感じでした。
当時とずいぶん目線が変わったのでしょう。
そういえば、自分の中では、「馬」って超巨大な化け物ってイメージなんだけど、小さいころ見たきりなのかなあ・・?

あと、記憶っていうのは、意図的に取り出せないだけで、すべて記録されているらしいですね。
どうなってるんだろか。

なんにせよ、「ふと思い出す」っていう現象、けっこう好きです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/11/06

蛇&コンサート

今日の礼拝中での話。

蛇に噛み付かれてしまうのはなぜでしょう?

それは、そこの茂みに蛇がいることに気づかず、近づいていって、踏んづけてしまうから。
自分で気づけば、もしくは「そこにいるよ」って忠告を信用していれば
よけるはず。

そのとおりですね。わざわざ戦いを挑む必要のないことも多い気がする。

話は変わりますが、宣伝。
うちの教会でパイプオルガン&ハンドベルクリスマスコンサートやるっす。
詳しくは、ここ
招待するオルガニストはこんなかた

無料ですが、そんなに大きな教会じゃないので予約制です。
興味ある方はぜひ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/11/05

でざいんちぇんじしてみました。

上の絵、たまに、自転車が走ってきたり、違う人が歩いてきたりするらしいです。

みかけたら是非、ご報告を!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/11/04

値上り

もってないので、あまり関係ない話かもしれませんが、
自分がいってる会社の株価が急上昇しているそうです。

半年で2倍までは、行かないまでも1.8倍くらい。
株価が上昇すると、会社として何がうれしいのかはよくわかりませんが、
悪いことではないのでしょう・・。

でも、
10000円だったら、18000円だけど、
100万だったら、180万、1000万だったら1800万!!
タイミングだけで、半年で800万も儲けが出てしまうとはすごい話です。

と、妄想してもしかたないですが実際この株で大もうけした人もいるんだろうなあ。

そういえば入社したころ持ち株会とかいうのを説明されたりもしたなあ。
ちょっと買っとけばよかったかも。

でも、もしそうやって儲けたとしても、どうなんでしょうねえ・・。
まったく価値観が違ってきそうです。
不正なものではないし、苦労もして手に入れたお金だろうけども・・なんかねえ。


ま、全ては想像上のお話でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/11/03

ちがい

似ているようで、ずいぶん違うことばがある気がします。

自信と高ぶり

謙遜と卑屈

希望と願望

他にもたくさんあるかなあ
似ているだけに気をつけないと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/11/01

経歴

天気予報どおり、ほんとに寒いっす・・。

今日は、会社で

これまでの設計開発経歴書

というのを書きました。
とはいっても、働いた時間は、実質半年弱しかないし、一つ目の仕事がまだ終わってないし、
と思い、何書いたらいいんですかねー?
と周りの人に聞いてみると、こんな感じでいいんじゃないの、やってること大きく分ければ一緒だし、と自分のを見せてくれました。

ちらっと始めのほうをみると、
みんな最初の1,2年は〜の基礎、〜の基本研修とかでした。

始めっからガンガン開発して偉いね〜とか言われてしまいましたが、喜んでいいのかな・・?

もうちょっと基礎もしっかりしなくちゃと思います。今はよくても基礎がないと後で困るってよく言うしね。
とはいっても、そのための時間は無理やり作らないとなさそうだなあ。

学生は時間があってやることが無い、社会人はやることばっかりで時間が無い、とどっかで聞きましたが、ちょっとそれを味わいつつあります・・。贅沢な悩みか?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »