« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »

2005年9月に作成された記事

2005/09/27

相対性理論

「熱いストーブの上に1分間手を載せてみて下さい。まるで1時間ぐらいに感じられるでしょう。ところが可愛い女の子と一緒に1時間座っていても、1分間ぐらいにしか感じられない。それが時間の相対性というものです」(アインシュタイン)


この人、けっこう面白いおっさんだったのかも知れない・・。あんな写真も撮られるくらいだしね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/09/25

たとえば、

たとえば、次のようなことを想像してみる。

自分が考えうる最高に幸せな状態はどんなだろう?
最もつらい状態は?


生きていくうえで、上限も下限も、今、想像できるよりも、ずっと高く低いのだろうと思います。これまでの経験+αでしかものを考えることはできないのではないかと。それほどまでに、多分、自分は何も知らないのだろうと。想像を超えることはいくらでもこれから起こるんだろうなー。

勝手に、限界を定めてしまうのは、考えものだなと思ったのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/09/20

残業

昨日今日と、帰るのが遅いです。
定時まで現場実習で、その後自分の仕事をしてるのでね・・。

疲れはしますが、問題は体力的なものよりも、腹が減ること!会社の食堂は昼しかやってないし、売店は夕方閉まっちゃうし、ずっと遅くまで残ってる人はどうしてるんだろ?唯一あるのはパンの自動販売機です。みんなこれでしのいでいるのだろうか!?

せめて、近くにコンビニがあればなあ。
(でもそんなことになると、帰る理由がなくなっちゃって大変か・・)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/09/16

ここ数日、とても涼しくて気持ちいいです。

会社では、建屋の前が、広く芝生になっていてテーブルとベンチがちらほらと置いてあります。お昼ごはんは、注文した弁当を持っていってそこで食べてるわけですが、これくらいの気候だと最高です。とても心地よくて、昼寝したくなります。昼休みが45分しかないのでつらいけども・・。

さすがに、これまで夏のあいだは暑かったんですが、それぞれ配属され、研修もその先でそれぞれにやっている今となっては、同期と会社で会うのは、この時間くらいなので、みんな多少無理をして暑い中集まってました^^;

いろんなところから来た人によれば、このへんは、他の地域と比べて春秋が長いみたいです。そんなことを意識したことはなかったなあ。夏や冬が長いと大変みたいで、ここは過ごしやすいところのようです。

これから冬になるまでは、快適な昼休みが続きます。
ナイスです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/09/13

一時期よりも人気は落ち着いたようですが、
バガボンド」という漫画大好きです。

今は、何巻くらいまで出てるのかな?
小次郎編は全部読んでない感じです。

この漫画、台詞がとても印象に残ります。
中でも、よく思い出すのが、初めのほうの山場、武蔵と胤舜との勝負中、
柳生、胤栄、若かりしころの上泉伊勢守秀綱のことばを思い出して。

「”我”
 あの日の柳生宗厳の剣にはそれしかなかった。
 
 相手に勝ってやろう。
 己の力を
 強さを
 存在を誇示したい。
 
 ”俺を見ろ”と。

 師は言われた。

 そんなことのために剣は
 武はあるのかね?

 我々が
 命と見立てた
 剣は

 そんな小さなものかね?」
 


自分にとっての剣とは?
命と見立てたものとは?
それについての現状は?

それはそんな小さなものかね?

と言われてしまいそうで、ガツンと来た思い出があります。
(漫画知らないとわからないな・・・。原作を読むと少しばかりわかる・・かも?)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/09/10

選挙

明日は、衆議院議員総選挙+最高裁判所裁判官国民審査(+ここでは県知事選挙)です。

投票時間は7:00〜20:00

選挙権をもってるみなさん、権利を行使しましょう。

ん〜7:00からやってるんなら朝行っちゃおうかな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/09/08

さて、

さて、こんな毎日の中、これからどうやって生きていくのがいいんでしょうか?

あまり、中、長期的な計画を立てるのが(実行するのが!?)得意ではないのですが、そうも言っていられないし・・。ある程度の柔軟さを持ったでもしっかりとした計画とういうのは持つべきかなと思い始めています。やりたいこと、やるべきことはたくさんあって、何でもできるだろうけど、全部はできないというか、そんな感じ。

優先順位を決めるというのがポピュラーな方法かな?
その場合、「判断基準」が重要になるのはいうまでもありませんね。

大事にすべきことを見失わないように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/09/07

現場

やっぱり現場は、ものつくってるぜ!とひしひし感じます。
(実際、自分ではたいしたことしてなくても・・)

今日は、一部トラブルが発生し、設計した人を呼んだり、その人の上長もやってきたりで、現場の人はそちらにかかりきりでした。ということで、少しまとめて一部分任され、実習生二人で組立させてもらいました。
でも途中で聞いたら、なんとこの装置、定価¥500,000,000!!(5億円っす!、おれたちにやらせていいのか・・?)

話聞いてからは、びびりつつも慎重に組み立てました。多分大丈夫でしょう・・。

一緒にやっているもう一人の実習生は、まさに今日組み立てた部分を後々設計することになるということで、図面の見づらいところや、もっと精度を出すにはこうしたらいいんじゃないか見たいな話をあれやこれやしながら、作業しました。こういう話や作業が楽しいってことはやっぱり、この道が自分にはあってるのかなと再認識しました。

そしてやっぱりそんな人たちが集まってるんだね〜。
年配の人から、若い人までみんなでそんな議論をしてるのをみると、自分も入りたくなってきます。

でも、会社としてはそんな人たちだけではダメで、ビジネスに長けているひとが不可欠なんだと思います。せっかくいる高度な技術者たちを、いい意味で、うまく使える人はやっぱり必要ですね。それには技術的な知識も必要だけど・・。

逆に、技術者としても、ビジネスのこともわからないとダメだな〜と思い始めている今日この頃。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/09/06

クリーンルーム

昨日から、再び現場実習が始まりました。

今回は、半分くらいを自分が所属している部署で設計している装置、の組立・調整現場です。中を10^-4〜10^-5[Pa](だったと思う・・)という真空に近い状態まで気圧を下げたり、[nm]オーダーの精度が要求される装置なので、作業は全てClean Roomで行います。
Clean Roomにもレベルがあり、1[m^3]中に、ある決まった大きさ以上の埃[μm〜nm]が何個あるかで、クラスわけされています。どれくらい綺麗にするかは、作るもの次第。(各々の単位はわかる人にはわかるはず・・)

ということで、初めてクリーン服を着て、帽子をかぶり、マスクをして、Airシャワーを浴び、クリーンルームでの作業をしています。
多少窮屈だけども、なんだか楽しいです。気合も入るし。

作業自体は、まだやってるのを見て、メモを取ったり、ちょっとやらせてもらったり、(くだらない話をしたり、)だけですが、1ヶ月くらいの実習なのでそのうち仕事も割り振られることでしょう。

実際、設計者が書いた図面を見ながら組み立てているのを見たり手伝ったりしてみると、まだまだ改善点があるなあと思わされました。単純にねじが締めづらかったり、軸の中心があわせづらかったり。初心者はよく、加工できないような部品の図面を書いてしまったりするそうです。そういうときは、現場の人から電話が来て、
「こんなもんつくれるわけあんめよ、あ?」
と怒られてしまうそうです。

やっぱり、現場が大事だってことですね。
ここでも吸収。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/09/03

まぢで?


ほんとか?

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005/09/01

吸収

仕事上、いままさに、吸収することが求められている状態です。

会社からしてみれば、今、この瞬間をみたならば、何の役にもたたない人ですが、なぜ雇っているのかといえば、後々、元をとれるorそれ以上を期待できる、と計算しているからに他なりません。先行投資そのものです。

というなかで、自分に足りなかったこととして、「意識的にあらゆることを吸収する」というのがあるなあと思います。

特に、他人からの吸収。

これまで人から吸収しようという意識に欠けていました。

もちろん働く上での目標とするべきところは、(普通の企業の場合)社会に貢献して、利益をあげることになるかと思います。

でも、そこへいたるまでの計画の立て方、進め方、必要な知識、技術、お金の使い方、周囲へのアピール、特定の人へのアピール、プレゼンテーション、チームの人への接し方、関係するあらゆる人との接し方、また、そんな中での家族への接し方まで、ありとあらゆる要素があります。

何に重きを置くかも、
どれを一番大事にするかも、
大事にするために何をするかも、
人によって本当にそれぞれです。

でも、とてもいろいろなことに配慮してしっかりやれている人もいるわけで。
うまい人の真似もいいもんだと思います。


今日、夜、職場の同じグループの上司の人たち(グループの人は全員上司ですが・・)とご飯を食べに行って、
長々と語ってたわけですが、
いろいろなことを考えていて、面白く、すごい人たちです。

他の部署や他の会社のことはあまり知りませんが、この会社のこの部署に入れてよかったなぁ〜。
(でもまだまだこれから^^;)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »